2005年3月22日
稲敷市 誕生!
神社・仏閣
歴史遺産
おまつり
うまいもんどころ
お土産
 
ゴルフ場
公園
釣り場
ホテル
旅館
 
江戸時代、天海大僧正の時に隆盛を極め、狩野探幽作と言う
「天海大僧正画像」、関東最大級の仁王像があります。
稲敷市江戸崎
不動院入口 仁王門
関東最大級の仁王像 不動院本堂
医王山東光寺と号する天台宗の寺院である。嘉祥元年(848)慈覚大師の開山と伝えられ、文明2年(1470)に幸誉法印が
中興した。歴代の江戸城主土岐原氏、芦名氏の保護を受け、特に芦名盛重が城主の時、随風(後の天海僧正)が第8世の住職
に迎えられた。
慶長7年(1602)には徳川家康から寺領150石の御朱印地が寄進され、明暦元年(1655)には江戸城紅葉山旧殿、四足門
の移築や不動堂が建立され、元禄6年(1693)には宮殿、鐘楼、書院、土蔵や仏像などが整備され隆盛を極めた。
かつては寺中に5つの塔頭を有し、さらに末寺門徒114か寺を有する大寺院で、関東8檀林の一つに数えられた。
境内には、仁王門を始め、板碑、手水鉢、灯籠、宝筺印塔、さらに郷土の先人、大築由造や大久保英助の記念碑
など多くの石造物も残されている。
江戸崎歴史巡りガイドより)
神社・仏閣のページに戻る
Copyright (C) 2005 稲敷市観光協会
稲敷市観光協会
〒300-0792 茨城県稲敷市結佐1545
稲敷市役所東庁舎・商工観光課内
029(892)2000