悠久の歳月をかけて育まれた歴史と文化。

稲敷市内には、地域の先人達が残した知恵や文化を彷彿とさせる歴史遺産や施設、遺跡等が数多く
残っています。
※施設名・画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。

〒300-0736 茨城県稲敷市八千石18-1 0299(79)3211
稲敷市歴史民俗資料館は、図書館と併設された町を代表する複合文化施設です。 施設は展示を中心に、調査研究、収集保存のスぺースを有し、学習教育の場と しても幅広く利用できる設備を備えています。
稲敷市西代地先
横利根川が利根川に合流する所に大正11年に完成された横利根閘門は、
レンガ造りが ヨーロッパの運河を思わせる雰囲気があります。
稲敷市柴崎155
江戸時代前期の建築様式がそのままに残されている貴重な建築物です。
稲敷市上根本2513
釈迦の涅槃(ねはん)を表した、県下でもめずらしい像です。
茨城県稲敷市阿波崎58
南北朝時代の武将、北畠親房ゆかりの地として 当時の面影を残す城跡です。
茨城県稲敷市江戸崎甲2354
大日苑(だいにちえん)は、江戸崎入干拓の生みの親である植竹庄兵衛氏が、
自らの居住を目的として昭和14年に建てた住宅で、江戸崎入り干拓地を望む
台地に建っています。