2005年3月22日
稲敷市 誕生!
神社・仏閣
歴史遺産
おまつり
うまいもんどころ
お土産
 
ゴルフ場
公園
釣り場
ホテル
旅館
 
横利根閘門(よことねこうもん)は大正3年(1914)から約7年の大工事
の末、大正10年(1912)に完成し、現在も利用されている我が国最大級の
規模を持つ煉瓦造複閘式閘門です。

写真の閘門から約600m手前の地点で,利根川の本流と合流しています。
閘門の建設は,横利根川や霞ヶ浦沿岸地域の治水,利根川流域の水運の
発達に大きな貢献をしました。 

横利根閘門の設計及び施工の水準は高く、両端を内開きと外開きの二
重の門扉とした複閘式閘門です。
我が国における土木技術史上,煉瓦造閘門のひとつの到達点を示す近代化
遺産としての価値により平成12年5月に重要文化財に指定されました。

横利根閘門は、大正10年の完成後、昭和10年頃までは年間5万隻にも
およぶ船舶の航行がありましたが、その後鉄道やトラックの発達に伴い
舟運は衰退しました。最近では、漁船や釣舟、モーターボートなど年間
1〜2千隻程度の船舶が利用しています。
閘門の両側は、緑地を生かした西洋庭園や水辺広場、
ピクニック広場、展望広場、芝生広場、休憩広場など
があるレクリエーション施設「横利根閘門ふれあい公園」
として整備されており、憩いの場として利用されています。
横利根川付近は、ヘラブナ釣りのポイントとして
有名です。多くの釣り人で賑わいます。

稲敷市の歴史遺産のページに戻る
Copyright (C) 2005 稲敷市観光協会
稲敷市観光協会
〒300-0792 茨城県稲敷市結佐1545
稲敷市役所東庁舎・商工観光課内
029(892)2000