2005年3月22日
稲敷市 誕生!
神社・仏閣
歴史遺産
おまつり
うまいもんどころ
お土産
 
ゴルフ場
公園
釣り場
ホテル
旅館
 
大杉祭と山車
大杉神社
昔から航海安全・悪病除けに効験があり、近隣からあんば信仰、天狗信仰として崇められる「大杉神社」。
ここでは毎年10月に例祭の「大杉祭」が行われます。 ハッピ姿の引き手たちが引き回す山車の周りを、
鉦、太鼓、笛の音が奏でる舞曲「あんば囃子」(国の選択無形民俗文化財)が盛り上げ、踊り手たちがリズミ
カルな舞いを披露します。

起源は古く、四代将軍家綱の頃に天然痘が流行したことがあり、そのときに村人たちが神社の守り神であっ
た天狗の面を担ぎ出し、村中を練り歩いて悪病退散を祈ったのが始まりです。
大杉祭に行われる稚児行列

日本唯一 夢結び大明神
大杉神社
公式ホームページはこちら>>
稲敷の祭りのページに戻る
Copyright (C) 2005 稲敷市観光協会
稲敷市観光協会
〒300-0595 茨城県稲敷市犬塚1570番地1
稲敷市商工観光課内
029-892-2000(代)